横浜でウィークリーマンションを探す方法

長期出張や、旅行で長期の滞在になる時に便利なのが、ウィークリーマンションです。他にも、慣れない土地での部屋探しをするにあたって、仮住まいとして利用する人や、持ち家をリフォームしている人など、使用理由もいろいろあります。ウィークリーマンションは、敷金礼金なしで、家電や家具などの備品が予め揃っていることが多く、数週間だけ滞在するといった場合に便利なマンションです。また、水道光熱費が含まれていたり、インターネット環境も完備されているところが多く、入居がスムーズに行えるということで人気があります。そんなウィークリーマンションですが、メリットだけでなく、デメリットもあるので注意が必要です。今回は、ウィークリーマンションを探す際の注意点や、実際に横浜でウィークリーマンションを探すにはどうすればいいのかについて紹介します。

ウィークリーマンション利用のメリット、デメリットとは

ウィークリーマンションは、備品完備で敷金礼金もいらないという点が魅力的なポイントです。電気やガス、水道などのライフラインに関する手続きや、インターネットも新規契約しなくても開通されているので、すぐに普段の生活を送ることができます。また、横浜エリアでも、女性専用やペット可能なウィークリーマンションがあるので、希望している方は安心して探すことができます。一方で、ウィークリーマンションは、同じグレードの部屋を賃貸で借りるよりも家賃が高めの傾向があります。元々、短期滞在のためのものなので、1年以上といった長期滞在になるのであれば家具を揃えて賃貸を探すのもいいかもしれません。また、途中で解約するといった問題が起きた時に違約金が発生することがあるので、契約前の注意点をしっかりと確認する必要があります。

ウィークリーマンションを探す際の注意点

ウィークリーマンションは、入居に関する審査が甘いので、外国人観光客が利用するケースもあります。ウィークリーマンションも賃貸マンションと同様に壁が薄い場合が多いです。横浜でウィークリーマンションを探す際にも、観光地が近かったりすると、そういった旅行目的のグループやファミリーなどが滞在していることもあるので、騒音トラブルなど不安な方は、そういった点も理解した上でウィークリーマンションを探しましょう。インターネットサイトを活用すれば、たくさんのウィークリーマンションの情報が手に入るので、場所や部屋の内装、備品だけでなく、契約条件やトラブルへの対応の仕方など、よく見比べて決めましょう。サイトによっては、閲覧だけでなく、専門スタッフによるチャットでの問い合わせが可能なものあるのでおすすめです。

当社はウィークリーマンションをご紹介する業務をしており、対象エリアを横浜市内として仲介させて頂いております。 観光や家のリフォームなどで家族揃って大きなお部屋が必要の際はファミリータイプがお奨めです。 マンスリー契約の場合、一部例外的な契約を除き、1ヶ月(賃料単価+光熱費)×月数+退出時のクリーニング代金で総額となります。 1名様ご利用のシングルタイプは出張等のビジネスのお客様に大変便利です。 ウィークリーマンションをお探しの方へ|横浜最大手のY-ROOM