都心と横浜のウィークリーマンションの相場の差

都心のウィークリーマンションの相場はイメージ通り高めとなっている場合が多く、負担を軽くする為にも横浜や郊外から電車で通勤したりしている方も多くいます。その相場の違いは、都心の相場だと、1Kの築年数が比較的安めの物件で1週間総額6万円からが多く、横浜では総額3万円後半からの物件が多くある傾向です。物件の広さや条件で金額は違ってくるのは当然ですが、2万円から4万円程の差が出てきます。横浜から都心に行く際の交通費等を考えても横浜のウィークリーマンションが安いと言えるでしょう。ウィークリーマンションは賃料だけでなくクリーニング代等の別途必要な費用もあるのでよく知ることが大切です。東京は横浜に比べて物件数も多くありますが、横浜も多くあるのでその面では困らないでしょう。

ウィークリーマンション探しなら都心よりも横浜を

横浜と都心のウィークリーマンションで大きく違うのは、なんといっても賃料の面です。どちらも物件数も多く、見つけやすさも同じくらいです。最新の設備等の条件をみても発展都市ですから大きな差はありません。ですが、東京なら賃料が高めで、築年数が少し古い等の条件でも横浜なら綺麗で比較的築年数が浅く、良い物件を探すことができます。都内への出張観光の際には、ぜひ横浜を検討してみてください。横浜は、電車1本乗り換えなしで都心にも行ける好立地で家賃の負担を軽くすることができるのは大きなポイントです。また、都心に比べ穏やかな環境も多い横浜なら、しっかり体を休めることができるでしょう。横浜は、横浜周辺の観光も都心への観光にもベストな立地と言えます。拠点を安く抑える事でおいしいごはんや娯楽費に回せるので検討する価値は大いにあります。

ウィークリーマンションを借りる際のメリットと注意点

横浜市内でウィークリーマンションを借りる際に気を付ける点がいくつかあります。そもそもウィークリーマンションは、短期間の宿泊で利用するホテルよりも日割りで考えた場合にお得に宿泊するメリットがあります。敷金礼金や保証人がいらない場合が多く、備え付けの家電家具もありすぐに住める状態になっています。しかし、先ほど述べたクリーニング費用は物件により違い、借りる際に気を付けなければいけないポイントとなります。また、家電家具も壊してしまった場合は、故意ではなくても証明する事が難しく、弁償となる可能性もあるので住むにあたり気を配る必要もあります。基本的に賃料は前払いとなっており、予定より短期間の宿泊になったりしても返金等が受けられない場合が多くあるので契約の際には十分な理解が必要となってきます。